子育て

七五三の母親の服装!恥ずかしくない3つのポイント!


子どもの成長を祝う七五三。

そんなお祝いごとにまず思い浮かべるのは、きれいに着飾った子供たちですよね。

でも、私たち母親は何を着ればいいんだろう・・・?なんて悩みませんか?

 

場にそぐわない恰好をしていたら、せっかくきれいにしてもらった子どもに申し訳ないし・・・。

着物?スーツ?何を着るのー?!って思わず叫びたくなりますよね^^;

そんなお悩みのママのために、七五三の母親の服装についてご紹介いたします。

スポンサードリンク

七五三の母親の服装!基本はこの3つ!

紅葉が色づく季節になると、神社で着物と千歳あめをもったお子さんを見かけますよね。

七五三は毎年11月15日に、女の子の7歳、男の子の5歳、女の子の3歳を祝う行事です。

 

現在では、11月15日前後の10月~11月の都合の良い日に家族で行う場合が多いようです。

57e46b6382665d3f5fe277d985105d19_s

当日は、子どもたちをきれいにドレスアップさせて、神社にお参りをし、記念写真をぱしゃり!という流れが一般的です。

 

神社にお参りをする「神事」なので、同伴する私たちをしっかりとマナーを守った服装をしたいところ。

しかし、忘れてはならないのが「主役は子ども」だということ!

 

「せっかくのお祝いだからおしゃれしなきゃ♪」
なんていってうきうきしてやりすぎたら、子どもたちのせっかくの晴れ姿がかすんでしまいます。

 

七五三の母親の服装の基本は3つ。

 

  1. 子どもより目立たない
  2. 服装の格を合わせる
  3. 神社という場の決まりごとを守る

この3つを守れば、基本はOKです。

 

でも、これだけじゃまだよくわからないですよね?

3つそれぞれに詳しくご紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

 

七五三の服装で気をつける3つのポイント

e90e3ea055fc7c643fd56d65ed77284b_s

服装は和装洋装がありますが、基本の3つを守ればどちらでも構いません。

しかし、お子さんが洋装の場合は、両親も洋装でそろえましょう。

 

ポイント1「子どもより目立たない」

まずお母さんの服装は、洋装の場合はセレモニースーツワンピース和装ならば色無地・付け下げ・訪問着を選びます。

付け下げ以下の小紋・紬は普段着になってしまうのでNG。

持っている着物の格が分からない場合は、美容院などで聞いてみるとよいでしょう。

 

和装でも洋装でも、パステルカラーなどの淡い色か、黒、灰色などのスーツを選びます。

 

黒や灰色などのダーク系のスーツの場合は、コサージュなどをつけて華やかにしてあげれば、暗い印象にはならないので、ビジネススーツでもOKです。

いずれも洋装の場合はジャケットは必須!と覚えておきましょう。

 

 

ポイント2「服装の格を合わせる」

先ほどのポイント1でも少し触れましたが、これはお子さんの服装の格と、両親の格を合わせるということです。

 

たとえば、お子さんが紋付き袴の場合、お父さんが着物+羽織の和装、お母さんがワンピースで洋装だったとします。

これだと、子どもより両親の服装の格は下ですが、なんともちぐはぐですよね・・・?

 

また洋装でも、お父さんがフォーマルスーツ、お母さんがビジネススーツでも、格が同等にならずちぐはぐです。

  • 子どもより格が下の服装
  • 両親の服装の格は合わせる

この2点を守りましょう。

 

また、お母さんの場合、パンツスーツでも格が合っていればOKです。

 

フォーマルな席の場合は、一般的にはスカートがよいとされますが、小さなお子さんが同伴の場合や、ぐずったりしたときなどはパンツスーツの方が都合がいい場合もありますよね。

 

特にマナー違反というわけではありませんので、状況に合わせて選ぶとよいでしょう。

 

ポイント3「神社という場の決まりごとを守る」

七五三は、神様にお参りをし、子どもの成長と健康を願います。

神聖な場にふさわしくない恰好は、神様にとってとても失礼ですよね。

 

「これはダメ!」というものをあげてみましょう。

  • ジーンズ(本来は作業着のため)
  • キャミソール・カットソーなどの肩の出た服
  • 華美な服装、セクシーな服装
  • 膝が出る服装
  • ミュール・サンダル

当然といえば当然ですが、肌を見せるもの、だらしないもの、清潔感のないものは避けます。

 

極論を言えば、これ以外のものなら基本的にはOKととらえてよいでしょう。

目上の人に合っても恥ずかしくない服装、といえばわかりやすいでしょうか。

当然、お子さんの当日の服装も、神社にお参りするのにふさわしいものを着せましょうね!

 

お祝いごとの服装は着回しが効くものを

子どものお祝いごと、うれしい反面「私は何を着ればいいのー?!」なんて毎回悩んでしまうのもお母さんたちの本音ですよね。

毎回毎回行事に合わせて新調するのは家計が・・・。

 

お祝いごとの服装は、着回しがきくものを一着そろえておくと便利です。

 

最近では、何通りも着回しができるセレモニースーツやワンピースが販売されています。

値段もお財布にやさしいものから、何年も着られる高級なものまで様々です。

 

しかし、ちょっと気を抜いてお祝いごとの度に同じ服を着ていると、「ママまたそれ着るのー?」・・・なーんて、おしゃれな娘さんから辛口コメントが飛び出ることも・・・。

 

うーん、なんとも難しいですが、そこはお母さんのおしゃれセンスをフル回転させましょう。

 


スポンサードリンク

ウーリグ

ウーリグ

投稿者の記事一覧

名古屋出身。短大卒業後、事務器メーカーのOLとして現在の夫と社内恋愛の末結婚。趣味でブログを書いていたところママホリstaffから声がかかりママライターに。主に子育てコーナーを担当。
「5歳と3歳の娘を持つ専業主婦です。子育てと旦那育てで?毎日奮闘しています^^私の経験がお役に立てれば嬉しいです。」

関連記事

  1. 赤ちゃんのインフルエンザ予防接種はいつから受けられる?
  2. 海水がしょっぱい理由を子供にわかりやすく説明するには?
  3. これでOK!中学生の読書感想文の書き方のコツ!オススメの本もご紹…
  4. こどもの日の本当の由来や意味を簡単にわかりやすくまとめてみた
  5. 赤ちゃんがピタっと泣き止む10の方法!お試しあれ~
  6. 赤ちゃんの花粉症予防や対策!散歩や外出はどうする?
  7. 赤ちゃんのあせもの治し方は?どんな薬がよく効くんだろう?
  8. 鯉のぼりはいつからいつまで飾る?関東と関西は時期が違うってホント…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ

ニュース

PAGE TOP