おでかけ

浅草酉の市2016場所と日程!みどころも紹介


この浅草酉の市は、江戸時代から続く伝統的な祭事です。

今年は御祈願に行きたいなあ、と考えている方も多くいらっしゃると思います。

2016年の日程はどのようになるのでしょうか?

今回は、浅草酉の市の場所と日程について、
見どころを交えてお伝えいたします。

スポンサードリンク

浅草酉の市とは?見どころを紹介

浅草酉の市とは、毎年の11月の酉の日を祭日として、
浅草の酉の寺(鷲在山長國寺)や、各地の鷲(おおとり)神社・大鳥神社で行われる、
開運招福・商売繁盛を願うお祭りです。

torinoichi1

その始まりは、江戸時代にさかのぼり、
江戸近郊に位置する花又村(現在の足立区花畑にある大鷲神社)にあるといわれています。

 

祭りの形態も、
当初は農民が鎮守である「鷲大明神」に収穫を感謝した、
収穫祭であったと伝えられています。

 

そこから現代まで受け継がれ、
毎年多くの人が訪れる、
伝統的な年中行事となっています。

 

屋台の出店数は日本一、
福をもたらしてくれる神様は、
「おとりさま」として親しまれています。

 

酉の市で有名なのが、「熊手」です。

 

熊手はもともと掃除の道具ですが、
「福をかき集める」縁起物として、
七福神や大判小判などの装飾品で彩られ、
屋台に所狭しと並べられています。

 

せっかくの酉の市、
ぜひ名物の熊手を手に入れたいところ。

しかし、始めていくときにはどれを買ったらいいか迷ってしまいますよね?

 

旅先の場合は、大きなものを買って、
万が一破損してしまったら、
福が逃げていきそうで嫌ですよね?

 

そんな場合は、小さなものを購入するといいでしょう。

 

小さいものであれば、
1000円程で購入することができます。

 

迷ったら、一言お店の方に聞いてみてください。

活気のある声で、親切に答えてくれますよ。

 

屋台の方々の活気のある声も、
酉の市の見どころの一つです。

 

もちろん飲食の屋台もたくさんありますので、
そちらを楽しむのもいいですね。

 

鷲(おおとり)神社では、御祈願も行っています。

当日の受付順に、御社殿に上がって御祈願していただけます。

初穂料は3000円~。

 

この機会に御祈願を受けてみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

浅草酉の市の2016年の日程は?

2016年の浅草酉の市、
今年は酉の日が2日間あります。

それぞれ前日祭(宵宮祭)と当日祭があり、
合わせて24時間行われます。

torinoichi2

宵宮祭

11月10日(木) PM11:15~
11月22日(火) PM11:15~

 

当日祭

11月11日(金) PM1:00~
11月23日(水) PM1:00~

 

場所

浅草酉の寺長国寺(東京都台東区千束3丁目鎮座)

屋台も24時間営業し、夜でも灯りが煌々とついているため、
何とも風流な光景を見ることができます。

酉の日とは、十二支の酉を暦にあてはめたもので、
11月以外にも酉の日はあります。

 

浅草酉の市へのアクセス

酉の市へのアクセスは、渋滞などが予想されるため、
やはり公共交通機関を利用することがおすすめです。

酉の市の屋台は、東京メトロ三ノ輪駅から、
国際道路沿いに浅草駅手前の西浅草三丁目の交差点までを埋め尽くします。

torinoichi3

酉の市にアクセスしやすいのは

  • 東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」下車
  • 東京メトロ日比谷線「入谷駅」3番出口下車
  • つくばエクスプレス「浅草駅」下車
  • 都電荒川線「三ノ輪橋駅」下車
  • 都バス 日暮里~錦糸町 「竜泉バス停下車」

このルートがおすすめです。

スポンサードリンク

おわりに

浅草酉の市は、伝統的な年中行事です。

日本一を誇る数の屋台・露店から聞こえるお店の方々の威勢のいい声は、
歩いているだけでも気分を高揚させてくれます。

熊手を買う際は、商売上手なお店の方に乗せられて、
高額なものを買ってしまわないように気を付けましょう。

 

次の年に、ランクを下げたものを買うと、
福も下げるとされ、縁起が悪いものです。

 

初めていく際には、
身の丈に合ったものを選びましょう。

 

御祈願していただく場合は、
事前の予約も受け付けてくれます。

 

詳しくは鷲神社まで問い合わせてみてください。

鷲神社 http://www.otorisama.or.jp/kotoshi.html


スポンサードリンク

ママホリSTAFF

ママホリSTAFF

投稿者の記事一覧

ママライターを束ねながらも世間のニュースにアンテナを張り、ママに役立つ情報を収集し発信しています。もっともっとママたちに喜んでもらえるようなWEBマガジンにしていけるようママライター&ママホリstaff一同頑張っていきますので、これからもママホリをよろしくお願いします!

関連記事

  1. ねぶた祭り2016の日程や観覧席情報!駐車場や交通規制、臨時列車…
  2. ファミレスの伝票入れの筒がななめにカットされている理由って知って…
  3. エプソン水族館に割引で安く入場する方法!100円で入場できるかも…
  4. 鎌倉花火大会2016の場所や穴場は?混雑避けるなら有料席!屋台も…
  5. 豊田おいでん祭り2017!花火の日程や席は?穴場もご紹介!
  6. 岡崎家康公夏まつり2017!花火大会の日程は?駐車場はあるの?
  7. 皇居乾通り一般公開2016はいつ?今年は春だけ!最寄り駅やアクセ…
  8. 刈谷わんさか祭り2016で花火を楽しもう!時間や穴場は?シャトル…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ

ニュース

PAGE TOP