美容・健康

松方弘樹 脳リンパ腫とは?生存率や余命はどれぐらい?


スポンサードリンク

脳リンパ腫で入院されていた、俳優の松方弘樹さん(74)が2017年1月21日、入院先の病院でお亡くなりになりました。

ご冥福をお祈りいたします。

※以下は松方さんが入院された2016年2月に書かれた記事です。

 

脳腫瘍の疑いありと舞台を降板して入院していた
松方弘樹の病名が「脳リンパ腫」であると
所属事務所が発表しました。

 

ちょっと聞き慣れない「脳リンパ腫」とは
一体どんな病気なのでしょうか?

 

命に関わるとしたら発症した場合の
生存率や余命が気になりましたので調べてみましした。

スポンサードリンク

松方弘樹さんが患った脳リンパ腫とはどんな病気?

脳腫瘍との疑いがあった松方弘樹さんですが、
「脳リンパ腫」と診断されましたが一体どんな病気なのでしょうか?

senior

脳リンパ腫は、眼球や脊髄などの中枢神経系や
脳の前頭葉や側頭葉に発症することが多い悪性のリンパ腫です。

いわゆる血液のガンです。

 

50~80歳代の中高年の方、特に男性に発症することが多い病気
患うと精神症状や頭痛、嘔吐などの症状が現れます。

 

脳リンパ腫の発症率は10万人にひとりという
珍しい病気で進行がかなり早いという悪性の腫瘍です。

 

手術の難しい脳腫瘍な上、
抗癌剤も限られたものしか使えないということで
治療が困難だそうです。

 

再発も多いというこの脳リンパ腫ですが、
手術や抗癌剤が難しいとなれば、
松方さんはどうなってしまうのでしょうか?

 

もし身内がこのような難しい病気になった場合、
やはり気になるのは生存率や、最悪、余命は・・・
ということになります。

 

スポンサードリンク

 

脳リンパ腫を発症した場合の生存率や余命はどれぐらい?

脳リンパ腫は進行がかなり早く、目に見えるような速度で
脳を蝕んでいく病気で、診断後ひと月で亡くなった事例もあります。

 

全体的には平均余命3年ということが多いらしく
5年以上の生存率はかなり低いということです。

 

松方さんが入院されてすでに10日。

1日も早い治療を行っていただきたいですね。

 

まとめ

脳リンパ腫は大変めずらしい病気で10万人にひとり。

進行が早く深刻な病気であることがわかりました。

特に50代以上の男性に発症する確率が高い病気です。

 

年齢を重ねていくと色々ガタが来るものです。

旦那さんやお父さんが、いつもと何かが違うという症状を
訴えた時は、軽く流さず1日も早く病院に行くことを勧めてください。

 

松方さんもそうでしたが、初めの症状はほんの軽いものです。

後で後悔しないためにも早めの検診を!


スポンサードリンク

まみ

まみ

投稿者の記事一覧

横浜出身。小学校給食の管理栄養士として結婚するまで勤務。最近では主婦仲間を集めて料理教室や勉強会を開くことも。安くてバランスのいい食事は家族の笑顔の源。オリジナルレシピも50種以上。主に美容・健康コーナーを担当。
「最近、自然食にハマってます。旦那には健康オタクとして恐れられています^^でも、これも家族を守るママの役目と気にせず今日も五穀米炊いてます。」

関連記事

  1. ロキソニンとカロナールの違い!効きが強いのはやっぱりロキソニンだ…
  2. 頬のたるみ解消グッズのオススメはこの3つ!たるみに効く食べ物はコ…
  3. 秋の花粉症はブタクサが原因?風邪との違いと対策方法
  4. 肝油ドロップは子供にどんな効果?食べ過ぎは副作用が出る?
  5. カスピ海ヨーグルトの効能は整腸作用だけじゃない!
  6. 背中の湿疹がかゆい!背中ニキビ?もしかして病気のサインかも?
  7. 子宮頸がんの初期症状を見逃すな!20代女性も要注意!
  8. 身体中がかゆいのはストレスが原因かも?病院は何科に行けばいいの?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ

ニュース

PAGE TOP