子育て

女の子の赤ちゃんの名前を古風な3文字で付けるならどんなのがいい?


赤ちゃんの名前って、本当に悩みますよね?

特に女の子は、女の子らしい可愛い名前をつけてあげたいものですよね。

 

今風の名前もいいけど、日本らしい古風な名前を付けてあげたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

特に、ひらがなでも漢字でも、3文字が古風で響きのいい名前が多いように感じます。

 

今回は、3文字の古風な女の子の名前についてご紹介します。

スポンサードリンク

名前を考える前に!知っておきたい名づけのポイント

赤ちゃんの名づけをするのって、とっても難しいものですよね。

わが家も、妊娠中から出産する間際までずーっと悩んでいたのを覚えています。

 

出産した女性に話を聞いてみると、やはりみなさん悩むようで、出産前に名前がはっきりと決まっていたという方は少数派の様子。

何点か候補を決めておいて、実際の顔を見てから決める!という方が多いようです。

ninshin_goods-300x272

赤ちゃんの名づけで大切にしたいポイントは以下の通り。

  • 口に出して音の響きがいい名前にする
  • ほかのもの(よくないもの)に連想できるような名前は避ける
  • 名前に込める意味があれば、そちらも含めるような名前にする
  • 苗字との組み合わせを考慮する
  • ほかの人から見て違和感がないか、呼ばれやすいかを考慮する
  • 漢字を使う場合は、変換しやすい漢字を使う

その他大切にしたいポイントはありますが、重要なのは、「名前は一生涯使うもの」という意識をしっかりと持つことです。

 

名前は両親からの子供への最初の贈り物です。

しっかりと良い名前を考えてあげたいものですよね。

 

古風な3文字の名前!人気の名前は?

では、女の子で3文字の古風な名前を付けたいと思ったときに、どのように決めていけばいいのでしょうか?

まずは、人気がある名前を見ていきましょう。

akachan_dakko

≪女の子の3文字の古風な名前≫

・さくら   ・・・桜、咲楽、咲良 など

・のどか  ・・・和花、和 など

・こずえ  ・・・梢、小寿恵

・みゆき  ・・・美由紀、美幸、幸、深雪、美由希 など

・しおり   ・・・栞、詩織、栞里、詩織里、志緒、紫織 など

・ゆかり  ・・・由香里、紫、縁、友香梨 など

・みやび  ・・・雅 など

・いずみ  ・・・泉、泉美、伊寿美 など

・かえで  ・・・楓、花楓 など

・かんな  ・・・緩奈、栞奈、神奈 など

・あおい  ・・・葵、葵衣、蒼、碧衣 など

 

どれもひらがなのままでも漢字でも女の子らしくてかわいい名前ですね。

 

人気のある名前は、それだけ意味も響きもいいものが多い傾向にあるようです。

漢字にする際は、苗字との相性を考えるようにしましょう。

 

苗字の画数が多い場合は、名前も画数が多いと古風なだけに硬い印象を与えてしまいます。

女の子らしく柔らかい雰囲気を与えたい場合は、簡単な漢字を使うなどの工夫をしましょう。

 

こんな名前もあり!おすすめの古風な3文字名前

古風な名前を付ける際に、花の名前からつけたり、「子」「乃」といった昔から女の子の名前に使われている漢字を使用すると名づけやすくなります。

youchien_girl-229x300

【花の名前から名づける】

・すみれ  ・・・菫、寿美礼、純玲 など

・あんず  ・・・杏子、杏 など

・なずな  ・・・薺、菜津奈、奈網 など

・すずな  ・・・菘、鈴奈、鈴菜 など

・あやめ  ・・・菖、彩愛、綾芽 など

昔は「花の名前を付けると短命になる」といわれ、花から名づけるのはよくないとされてきました。

しかし、その響きの良さから名づける人は多くいます。

 

花は儚いものですが、一方で「美しく、生命力にあふれる」という意味としてとらえることもできます。

 

【子・乃のつく名前】

・れいこ  ・・・玲子、礼子、麗子、令子 など

・さきこ  ・・・咲子、早季子、佐紀子、紗季子 など

・あやこ  ・・・綾子、亜矢子、文子、絢子 など

・あいこ  ・・・愛子、藍子、亜伊子、安以子 など

・あやの  ・・・綾乃、彩乃、綺乃

・ゆきの  ・・・雪乃、有希乃、由紀乃、由貴乃、友紀乃 など

・よしの  ・・・愛乃、芳乃、由乃 など

 

子や乃のつく名前は、昔から現在までの幅広い年代で使用されている名前です。

上記の名前であれば、古すぎる印象もなく、女の子らしい印象を与えてくれますね。

 

古風な名前を付ける際には、決定する前に幅広い年代に感想を聞いてみるのも一つの手です。

 

おじいちゃん世代から若者世代にまで受け入れられる名前であれば、一般的にもさほど違和感なく呼ばれると思っていいかと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

おわりに

赤ちゃんの名前で、最近「キラキラネーム」というのが流行っていますね。

外国ネームに当て字をつけたり、パッと見で全く読み方が分からないものだったりと、個性的な名前が多くあります。

しかし、名前というのは、周囲から一生呼ばれ続けるものであり、書類に書いたりと、人生でもっとも使用する、個人を示す大切なものです。

 

一番怖いのは、子どもから「自分の名前嫌い!」といわれてしまうことではないでしょうか?

名づけるときには、「自分がその名前で呼ばれて好きになれるか」を意識するようにしましょう。

 

ぜひ素敵な名前を付けてあげてくださいね。


スポンサードリンク

ウーリグ

ウーリグ

投稿者の記事一覧

名古屋出身。短大卒業後、事務器メーカーのOLとして現在の夫と社内恋愛の末結婚。趣味でブログを書いていたところママホリstaffから声がかかりママライターに。主に子育てコーナーを担当。
「5歳と3歳の娘を持つ専業主婦です。子育てと旦那育てで?毎日奮闘しています^^私の経験がお役に立てれば嬉しいです。」

関連記事

  1. 赤ちゃんのインフルエンザ予防接種はいつから受けられる?
  2. 肝油ドロップは子供にどんな効果?食べ過ぎは副作用が出る?
  3. 子供の手の指の皮がむける原因は病気のサインかも
  4. こどもの日の定番料理 初節句の時は?食べる由来も知りたい!
  5. 小学生や中学生の最適な睡眠時間は8時間以上が目安
  6. 授乳中に市販の風邪薬って飲んでも大丈夫?飲んでいい薬は?
  7. これでOK!中学生の読書感想文の書き方のコツ!オススメの本もご紹…
  8. 妊娠初期症状っていつからどんな症状が出るんだっけ?早とちりしない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ

ニュース

PAGE TOP