子育て

赤ちゃんのあせもの治し方は?どんな薬がよく効くんだろう?


赤ちゃんって、とっても汗っかきですよね。

暑い夏は特に、気が付いたらあせもができている!ということがよくある季節です。

赤ちゃんの小さい体にあせもができているのは、とっても痛そうでかわいそうになってきますよね。

今回は赤ちゃんのあせもの治し方やよく効く薬についてお話します。

スポンサードリンク

赤ちゃんのあせもの原因は?あせもの種類も知っておこう

赤ちゃんにあせもができてしまう原因は、皮膚にある汗腺が汗によって詰まってしまい、炎症を起こしてしまうからです。

つまり、大量の汗をかくことが、あせもの原因と言えます。

akachan_asemo

赤ちゃんは小さい体なのにもかかわらず、その汗腺の数は大人と同じ数だけ持っています。

そのため、大人よりも大量の汗をかいてしまうのです。

 

さらに、赤ちゃんは言葉をまだ話すことができません。

 

暑くてもそれを伝える手段を「泣く」ことでしか伝えられない為、対処が遅れてしまい、あせもになってしまう事が多くあります。

あせもは軽度のものから重度のものまであります。

 

スポンサードリンク

 

あせもの種類

水晶様汗腺 ・・・小さな水晶状の白いぷつぷつができます。

治療方法は、皮膚を清潔にして乾燥させてあげれば、そのうち自然消滅していきます。

 

紅色汗疹 ・・・いわゆる「あせも」と呼ばれるもので、かゆみを伴う赤いぶつぶつができます。

皮膚を清潔にし、患部に処方された薬か、市販の薬を塗ることが必要になります。

赤ちゃんがかきむしらないような対処も必要になります。

 

深在性汗疹 ・・・皮膚の深いところで起きる、青白い扁平な丘疹ができるあせもです。

紅色汗疹が重症化したもので、医療機関への受診が必要になります。

 

日本の気候条件から、あまり報告例のないあせもですが、あせもの症状が悪化した場合には速やかに病院への受診が必要です。

あせもの症状として一番多くみられるのは「紅色汗疹」です。

 

症状が広範囲であったり、あまりにも痛がっているような場合には医療機関を受診しましょう。

赤ちゃんの場合は、小児科か皮膚科で見てもらえます。

 

受診する前にあせもの症状を伝えておくとスムーズに診察してもらえます。

 

赤ちゃんのあせもの薬にはどんなものがあるの?

赤ちゃんのあせもを治療する際に薬を使う場合、一番良いのは病院で薬を処方してもらうことです。

しかし、病院を受診すると、季節によっては、もらってきたくない風邪をうつされてしまうリスクもあります。

medicine_nurigusuri2

病院に行くほどではなく、自宅で治療する場合には、どんな薬を使用すればいいのでしょうか?

赤ちゃんに使える薬としてあげられるのは、医師の指導もいらず、副作用のない非ステロイド剤

 

ステロイドを含まないので、赤ちゃんにも安心して使用することができます。

各メーカーから様々なものが販売されています。

 

赤ちゃんのあせものくすり

ベビーワセリン

薬剤ではないので、赤ちゃんにも安心して使えます。

比較的軽度のあせもには効果的です。

べたべたと大量にぬるのは、発汗の妨げになり、蒸れてしまう原因になりますので、患部のみに薄く塗ってあげましょう。

 

サトー ポリベビー

ステロイドを含まない赤ちゃん用のあせも薬です。

患部を保護してくれる成分も含まれています。

 

池田模範堂 ムヒ・ベビー

顔にも使える非ステロイド剤です。

生後1か月からあせもや湿疹にも使用できます。

 

ステロイドを含む薬剤は、よく副作用が心配されますが、正しく使えば副作用の心配はさほどいらず、短期間で効果的に治療することができます。

あせもの症状がひどい場合には、病院で処方されます。

 

赤ちゃんに使用する際には、必ず医師の診察を受け、用法用量を守るようにしましょう。

くれぐれも大人用のステロイドを含む薬剤を、自己判断で赤ちゃんに使わないようにしましょう。

 

おわりに

あせもはなにも夏だけにできるわけではありません。

秋から冬にかけての、朝晩の温度差が激しい季節にもあせもになることがあるのです。

赤ちゃんは特に、1年中あせもの心配をしてあげる必要がありますね。

 

自宅であせもの薬を使用する際には、必ず主成分を確認して、ステロイドを使用していないか、赤ちゃんに使っても大丈夫かを確認するようにしましょう。

 

とはいえ、あせもが長引いたり、痛がっているような場合には、早めに病院に行って医師の診察を受けるようにしましょう。


スポンサードリンク

ママホリSTAFF

ママホリSTAFF

投稿者の記事一覧

ママライターを束ねながらも世間のニュースにアンテナを張り、ママに役立つ情報を収集し発信しています。もっともっとママたちに喜んでもらえるようなWEBマガジンにしていけるようママライター&ママホリstaff一同頑張っていきますので、これからもママホリをよろしくお願いします!

関連記事

  1. お食い初めはいつ?やり方は?メニューや食べ方の順番、食器などエト…
  2. 妊娠初期症状っていつからどんな症状が出るんだっけ?早とちりしない…
  3. 七五三の母親の服装!恥ずかしくない3つのポイント!
  4. 子供の手の指の皮がむける原因は病気のサインかも
  5. 海水がしょっぱい理由を子供にわかりやすく説明するには?
  6. おもしろい小学校の運動会種目一覧!ユニークで楽しい競技20選!
  7. 女の子の赤ちゃんの名前を古風な3文字で付けるならどんなのがいい?…
  8. こどもの日の本当の由来や意味を簡単にわかりやすくまとめてみた

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ

ニュース

PAGE TOP