子育て

赤ちゃんの花粉症予防や対策!散歩や外出はどうする?


暖かくなってくると花粉症の人はつらい季節ですね。

大人でもつらい花粉症ですが、自分の赤ちゃんが
花粉症になったら?と心配されるママも多いでしょう。

一般的には生まれて初めて花粉を吸ったぐらいなら
花粉症にはならないと言われています。

でも心配ですよね?

そこで今日は赤ちゃんの花粉症について
お話したいと思います。

本当に花粉症にならないのか?
散歩や外出時の予防や対策はないのか?

参考にしてみてください。

スポンサードリンク

赤ちゃんって花粉症になるの?

生まれて間もない赤ちゃんは、まだ花粉を浴びていないので
花粉を退治しようとする「IgE抗体」が作られていないため
花粉症の症状が出ないと言われています。

・・・ところで、花粉症になる原因って知ってます?

akachan

花粉症になる原因

身体に花粉が入ってくると、花粉を退治しようとして
「IgE抗体」というものが作られます。

この抗体が、花粉を体外に排出しようと
戦いだすので、涙、鼻水、くしゃみが出ます。

この症状がいわゆる「花粉症」です。

kafun_kusyami

ただ花粉症は誰でもなるわけではなく
どちらかというとデリケートな人がなる症状です。

まぁこんなところでデリケートじゃなくても
いいのにとは思いますけどね。

 

じゃあ赤ちゃんは、
花粉症にならないということでOK!・・・でもありません。

 

花粉症は「IgE抗体」ができると発症するので
まだ花粉を浴びていない赤ちゃんは発症しないと
お話しましたが、これはあくまで質の問題です。

 

特に両親が花粉症の場合、
少量の花粉を吸い込んで花粉症を発症する赤ちゃんも
稀にいるそうですから、予防対策はしておきたいですね。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの花粉症予防や対策!散歩や外出時は?

ここまでで赤ちゃんは、花粉症を発症しにくいが
個人差があるので、もしかしたら発症するかも?

特に両親が花粉症の場合。

というお話をしましたが、まさか花粉症が怖いと
お散歩や外出させないと言うわけにも行きませんよね?

 

そこでお散歩や外出する際の花粉症対策について
お話しましょう。

花粉の多い時間帯を避けて外出する

sugi_kafun

花粉が飛びやすいのはこんな日・・・

  • 午前中や夕方
  • 空気が乾燥していて晴れている日
  • 雨が降った翌日の晴天の日

この辺りを避けて外出しましょう。

外出から帰ったら服などについた
花粉をはらってから家に入りましょう。

ママのうがいや手洗いも忘れずに!

 

ベビーカーにカバー!

大人ならマスクをしたり、ゴーグルしたりと対策できますが、
まさか赤ちゃんにマスクするわけにはいきませんので、
ベビーカー全体にマスクしてしまいましょう!

他にも「バギーマスク」という商品もありましたが、
人気なのかシーズン前にはほぼ完売のようです。

 

花粉のつきにくい服を着せる

花粉のつきにくい服といえば、
凹凸のない比較的ツルっとした素材がいいですね。

毛羽立ったものやフリース素材は、
花粉が潜り込んでしまいます。

玄関でぱぱっとほろえるものがいいですね。

 

空気清浄機を設置する

kuuki_seijyouki

いくら玄関で服を払っても、花粉は完全に落ちません。

また、たまには家の空気を入れ替えたいので
窓も開けるでしょう。

そんなときは空気清浄機があると便利ですね。

できれば加湿機能のあるもので
部屋の湿度を60%程度にしておくと
花粉が舞わなくていいと思います。

 

外に洗濯物を干さない

天気のいい日は外に洗濯物を
干したいところですが、
花粉の時期は控えた方が無難ですね。

 

まとめ

赤ちゃんのお散歩や外出時の
花粉症予防や対策についてお届けしました。

もう一度ポイントをおさらいしておきましょう。

  • 赤ちゃんは抗体ができていないので花粉症になりずらいが、特に両親が花粉症の場合、花粉症にならないとはかぎらない。
  • 午前中や夕方などの花粉の多い時間帯を避けて外出する。
  • ベビーカーにカバーにカバーをつけて花粉に触れないようにする
  • 花粉がつきにくいツルっとした素材の服を着せる
  • 空気清浄機を設置し湿度を60%程度に保つ
  • 外に洗濯物を干さない

最近では環境の変化もあり、
花粉症の低年齢化も進んでいます。

花粉症は時間をかけて抗体を作るので、
小さなうちから予防対策をして
できるだけ花粉に触れさせない工夫をしましょう。

 

あとヨーグルトなどの乳酸菌も花粉症にはいいようです。

離乳食が終わったら少しづつ食べさせてあげるといいですね。

 

ご両親が花粉症の場合は、遺伝している場合もありますので
特に気をつけてあげてください。


スポンサードリンク

ウーリグ

ウーリグ

投稿者の記事一覧

名古屋出身。短大卒業後、事務器メーカーのOLとして現在の夫と社内恋愛の末結婚。趣味でブログを書いていたところママホリstaffから声がかかりママライターに。主に子育てコーナーを担当。
「5歳と3歳の娘を持つ専業主婦です。子育てと旦那育てで?毎日奮闘しています^^私の経験がお役に立てれば嬉しいです。」

関連記事

  1. 七五三の母親の服装!恥ずかしくない3つのポイント!
  2. 授乳中に市販の風邪薬って飲んでも大丈夫?飲んでいい薬は?
  3. おもしろい小学校の運動会種目一覧!ユニークで楽しい競技20選!
  4. 七五三はアンティーク着物のレンタルが人気!
  5. 赤ちゃんのあせもの治し方は?どんな薬がよく効くんだろう?
  6. 冬も赤ちゃんをお出かけさせた方がいい理由。でもこんな事に気を付け…
  7. お食い初めはいつ?やり方は?メニューや食べ方の順番、食器などエト…
  8. 赤ちゃんのインフルエンザ予防接種はいつから受けられる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ

ニュース

PAGE TOP