美容・健康

塩水 うがいは効果バツグン!なんで風邪に効くのか知ってる?


季節もすっかり冬らしくなり、日に日に寒さが身に染みるような気候になってきましたね。

風邪が流行しやすい時期にもなってきたわけですが、あなたは、帰宅後に「うがい」ってしていますか?

帰ってきたらうがい・手洗い!というのは、子供には言ってると思いますけど自分はやってます?

 

うがいは、帰宅後にすることを習慣化していると、何もしない状態から比べると、風邪をひく確率が40%も下がることも報告されているほど、風邪予防に効果的です。

でも、そんな「うがい」も、水でやるよりも、やっぱり塩水でうがいする「塩うがい」の方が効果があるって知っていますか?

今回は、「塩うがい」についてご紹介いたします!

スポンサードリンク

うがいはなぜ風邪予防に効果的なの?

うがいの習慣というのは、実は日本にしかありません。

しかし、風邪予防には非常に効果的な、昔から行われている民間療法です。

ugai_tearai

なぜうがいをすると、風邪の予防になるのかというと、その主な理由は二つ

  1. 口の中の菌を洗い流すから
  2. のどや口の乾燥を防いでくれるから

 

インフルエンザや風邪のウイルスの多くは、飛沫感染によってうつります。

知らないうちに口から吸い込んでしまっている菌を、うがいによって洗い流すことで、発症率を抑えることができます。

また、口の中の乾燥を防ぐことは、のどなどをほこりなどで傷つけにくくし、外部からの菌を洗い流しやすくしてくれます。

 

うがいはイソジンなどのうがい薬を使用しなくても、ただの水で行うだけで十分な効果が得られます。

どこに菌があふれているか分からない外出先から帰宅した際には、ぜひ手洗いと一緒にうがいをする習慣をつけたいところですね。

 

スポンサードリンク

 

うがいの効果倍増?!塩水うがいとは?

うがいはただの水道水でも十分効果がありますが、うがいの風邪予防効果をさらに高めるのが、「塩水うがい」です。

salt

その名の通り、塩水でうがいすることですが、実は風邪の予防以外にも嬉しい効果があるのです。

  • 口内炎が早く治りやすい
  • アレルギー性鼻炎・花粉症にも効果的
  • 口臭を防いでくれる
  • インフルエンザ予防にも効果的

 

塩水には、アレルゲンを除去してくれる作用や、バクテリアなどを殺菌する効果があることが分かっており、普通の水道水に比べて、風邪などの発症率をかなり抑えることができます。

 

そのため、風邪の予防だけではなく、口内の菌が原因で炎症が起こる口内炎や、口臭、アレルゲンが原因で起こるアレルギー性鼻炎・花粉症などにも効果があるのです。

 

花粉症の患者さんに良く進められる「鼻うがい」をご存知でしょうか?

この鼻うがいをする際には、水道水に塩を混ぜることが推奨されています。

 

塩水にすることで、炎症を起こしている幹部から余分な水分を取り出し、痛みを和らげてくれる効果があるためです。

鼻の炎症の痛みを和らげてくれるということは、のどの痛みも和らげてくれるということ。

もし、風邪などをひいていて、どうしても喉が痛いときは、塩水でうがいをすることで、あの痛みを和らげてくれる効果まであるのです。

 

これはぜひ試してみたいところですね。

 

塩水うがいのやり方を知って実践してみよう!

風邪の予防などに効果的な塩水ですが、薄すぎても濃すぎてもなんだか効果がないような気がしますよね?

塩水うがいに適したものを作ってみましょう。

medicine_cup_water

塩水は、水500mlに対して小さじ1の塩を入れるのが、一番人間の体にやさしい塩分濃度になります。

うがい1回分なら、80mlくらいの水に一つまみ程度

 

使用する塩は、普通の食塩で構いませんが、できれば天然塩か、香りのいいローズソルトがおすすめ。

 

塩は入れすぎて濃くなってしまうと、逆に粘膜を痛めてしまうため、入れすぎに注意しましょう。

できるだけ雑菌の混入を防ぐため、うがいに使う水は、10分間ほど煮沸し、十分に冷ましてから塩を溶いて使用することが望ましいです。

 

そこまで忙しくてできない!という場合は、ポットのお湯を冷まして使うといいでしょう。

 

【塩水うがいのやり方】

1、うがい用に作った塩水を用意し、適量を口に含んで、15秒ほどすすいで吐き出します。

2、また塩水を口に含んで15秒ほどうがいをします。この時に「あー」と声を出すといいそうです。

3、2を数回繰り返し、最後に塩の入っていない水で口をすすぎます。

 

これを帰宅後や起床後、就寝前に行うようにします。

風邪予防だけでなく、口内炎の予防にもなりますので、ぜひ実践してみてください。

おわりに

風邪をひくと、のどの痛みや発熱、悪寒など、つらい症状が続いてしまいますよね?

それがインフルエンザならなおさら、治るまで寝込んでいなくてはなりません。

 

会社も休めないし、しんどいし、なるべくなら避けたいところ。

塩水うがいを習慣化することで、風邪をひかないための予防をすることができます。

 

喉も潤って、すっきりしますので、ぜひ実践してみてくださいね!


スポンサードリンク

まみ

まみ

投稿者の記事一覧

横浜出身。小学校給食の管理栄養士として結婚するまで勤務。最近では主婦仲間を集めて料理教室や勉強会を開くことも。安くてバランスのいい食事は家族の笑顔の源。オリジナルレシピも50種以上。主に美容・健康コーナーを担当。
「最近、自然食にハマってます。旦那には健康オタクとして恐れられています^^でも、これも家族を守るママの役目と気にせず今日も五穀米炊いてます。」

関連記事

  1. インフルエンザにうがいは効果なし?厚生労働省が発表
  2. 解離性大動脈瘤による心タンポナーデはとても身近な恐ろしい病気だっ…
  3. 子宮頸がんの初期症状を見逃すな!20代女性も要注意!
  4. 健康診断前日の食事と水は何時まで終わらせないとダメでしたっけ?
  5. 脳梗塞の前兆をチェック!しびれには要注意!
  6. 快適睡眠グッズで睡眠の質を高めるコツとセルフチェックのやり方
  7. 二の腕を細く!即効で簡単スグ露出!
  8. 統合失調症の症状と具体例。治す方法について

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ

ニュース

PAGE TOP