美容・健康

インフルエンザの初期症状や風邪との違い!潜伏期間でも感染るの?


インフルエンンザで学級閉鎖になったという
お子さんもいらっしゃるかと思います。

 

風邪かな?と思ったら実はインフルエンザだった
ということもありますので良く様子を観察しましょうね。

 

ということで今回は、
インフルエンザの初期症状や風邪との違い、潜伏期間は感染るのか?など
インフルエンザについて解説します。

スポンサードリンク

インフルエンザの初期症状とは?

インフルエンザの初期症状は風邪とよく似ていますが、
時期的に風邪とは簡単に片付けず、
次のような症状を子供が訴えた時には、
必ずインフルエンザを疑うことです。

inful

・38度以上の高熱が続いている
・身体の関節があちこち痛い
・激しい頭痛
・嘔吐
・ひどい下痢
・食欲が無い

など、ほぼ風邪と似ていますが、
特に高熱が中々下がらない場合や、
全身が痛いなどはインフルエンザの特徴です。

 

インフルエンザと風邪の違いはスピード感

インフルエンザと風邪の症状はよく似ていますが、
インフルエンザの場合「急に?」という症状のスピードがあります。

inful2

熱が出る場合も、急に熱が38度を超えたり、
急に寒さを覚えたり、急に節々が痛くなってきたりと
ピークを迎えるのが風邪より早いです。

 

急に?という症状が目立ったら、
インフルエンザになった可能性が高いですね。

 

ひとつ風邪と違うのは、インフルエンザは
風邪に比べて、咳や鼻水、くしゃみなどの症状は少ない方です。

 

中には熱があまり上がらないのに
・・・という場合もありますので
早めに病院に行くことをおすすめします!

 

スポンサードリンク

 

インフルエンザの潜伏期間はどれぐらい?感染る?

インフルエンザの潜伏期間は、3日~7日程度です。

 

例えば、クラスの子が5日前にインフルエンザになっていたら
そろそろ症状が出る頃かもしれません。

inful3

インフルエンザの潜伏期間で、たとえ症状が出ていなくても
人に感染る事がありますので、注意が必要です。

 

終わりに。インフルエンザの予防はしっかり!

インフルエンザは予防接種をしてもタイミング的に
感染ってしまう場合がありますので、安心してはいけません。

 

風邪の予防対策のように、普段から、
うがい、手洗いは徹底させましょう。

 

また子供はちょっと嫌がりますが、
学校でインフルエンザが流行っていたら
マスクを付けさせましょう。

 

インフルエンザは乾燥を好むので、
家では加湿器を付けるなどして湿度を高くするようにしましょう。

湿度は60%以上が好ましいです。

 

その他、栄養バランス、睡眠など
特に気を配ってあげたいところですね。

 

子供がインフルエンザに感染したら、家族みんなに感染ったり、
お父さんも仕事を休まなければならないなど、
二次感染のダメージの方が大きいですね^^

 

しっかり対策していきましょう!


スポンサードリンク

まみ

まみ

投稿者の記事一覧

横浜出身。小学校給食の管理栄養士として結婚するまで勤務。最近では主婦仲間を集めて料理教室や勉強会を開くことも。安くてバランスのいい食事は家族の笑顔の源。オリジナルレシピも50種以上。主に美容・健康コーナーを担当。
「最近、自然食にハマってます。旦那には健康オタクとして恐れられています^^でも、これも家族を守るママの役目と気にせず今日も五穀米炊いてます。」

関連記事

  1. 手の指の関節が腫れたり痛いのは変形性関節症かも?
  2. ぎっくり腰の原因は?ストレスで発症する人が急増中!
  3. えごま油で認知症予防!効果的な摂取方法
  4. 夏バテの体力回復に効く食べ物ランキングベスト5
  5. ロタウイルスの症状は子供と同じ!大人にも感染する可能性大!
  6. 貧血の症状で目がチカチカするのはマズイ病気かも?
  7. ほうれい線の原因は年齢だけじゃない!キヤーこんなことも原因なの?…
  8. 夏ばて対策(吐き気・下痢・頭痛)に効く6つの方法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ

ニュース

PAGE TOP