美容・健康

女性の腰痛の原因…左側・右側の痛みで考えられる病気


腰痛は日本人の国民病とも言われるほど、痛みに悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

50代~60代がもっとも多いと言われていますが、最近では20代~30代の若い世代にも、腰痛の悩みを持つ患者が増加しています。

特に、男性よりも筋肉の少ない女性に多い傾向があるようです。

この記事を読んでいるあなたも、腰痛に悩んでいませんか?

 

さらに、腰の痛みが左側、右側のどちらかだけが痛い、ということはありませんか?

女性が腰痛で悩んでいる場合、そんな症状の裏には、重大な病気が隠れていることがあります。

今回は、女性の腰痛の原因、左側・右側の痛みで考えられる病気についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

腰痛の原因とは?

人間の背骨は、長い進化の過程で、一番重い頭を支えるために、バランスのとりやすいS字へとカーブしました。

骨の中でも、負担のかかりやすい首と腰は、痛みの出やすい場所のため、肩こり・腰痛に悩む方は多くいらっしゃいます。

なぜ腰痛になってしまうのかというと、じつはさまざまな原因が存在しているのです。

yotsu1

腰痛の主な原因は?

  • 老化による腰痛
  • スポーツや肉体労働などでの腰付近の酷使
  • 重いものを持ち上げたり、転倒などによる衝撃
  • 精神的なストレス
  • 内臓などの病気から来る痛み
  • 骨粗しょう症による骨の異常

これらは、男性にも女性にも共通する腰痛の原因です。

この中で、女性の場合に注意したいのが、内臓などの病気から痛みです。

 

内臓には痛みを感じる神経がなく、異常が発生した場合でも痛みのサインを発することができません。

そのため、周囲の筋肉や神経が痛みを訴え、腰などの比較的遠い部位に痛みを感じることがあります。

 

腰痛の原因を調べていったら、実は内臓の病気が見つかった、という話は実際よくあることなのです。

そして、意外にも腰痛は、精神的なストレスによっても引き起こされることがあります。

 

思い当たる外傷もなく、内臓にも異常がない場合には、心因性の腰痛と診断されることも少なくありません。

 

スポンサードリンク

 

右側・左側の腰痛で考えられる病気とは?

腰が痛い!と悩んでいるときに、腰全体が痛むのではなく、左右どちらかが痛いということはありませんか?

痛むのが右なのか、左なのかで、考えられる原因が異なってきます。

その原因の中には、女性特有の病気が潜んでいる可能性もあります。

yotsu2

骨盤のゆがみによる腰痛

左側重心痛、右側重心痛

左右どちらかの腰が痛い場合、まず考えられるのは骨盤のゆがみです。

左右どちらかの肩にいつも重いものを持っている、どちらかに偏った姿勢で長時間座っている・立っている、などといった、日常生活から骨盤が歪み、痛みが出る症状です。

真っ直ぐ立っているつもりでも、どちらか一方に傾きが出ているため、第三者からの目視が可能です。

 

子宮・卵巣の病気による腰痛

卵巣の病気

女性には、腰のあたりに卵巣・子宮といった臓器があります。

左右どちらかに腰痛を感じる場合、その卵巣や子宮に異常がある場合があります。

 

考えられる病気は以下の通り。

  • 子宮筋腫
  • 卵巣嚢腫
  • 子宮内膜症
  • 子宮頸管炎
  • 月経困難症

これらは腰痛と同時に下腹部痛や腹部の膨張感、大量の出血やいつもより重い生理痛などといった異常を伴います。

右側か左側の、どっちが痛むかによって、左右どちらかの卵巣に異常があるかを調べる目安になります。

 

また、女性の場合、妊娠初期の段階でも激しい腰痛を感じることがあります。

いずれも、腰痛が長引く場合には早めに医師に相談しましょう。

 

その他の臓器の病気による腰痛

女性に限らず、左右どちらかに腰痛がある場合、以下のような内臓の病気の可能性があります。

 

右側に腰痛がある場合

  • 肝臓の病気
  • すい臓の病気
  • 腎臓の病気(右側)
  • 上行結腸の病気
  • 虫垂炎

 

左側に腰痛がある場合

  • 胃の病気
  • 膀胱の病気
  • 脾臓の病気
  • 腎臓の病気(左側)

腰痛の原因は、大きく分けると、筋肉や骨盤のゆがみによる痛みと、内臓疾患による痛みに分けることができるのです。

 

腰痛の原因がどちらなのかを見分けるためには、以下の点をチェックしてみましょう。

  • 動作によって痛みに変化がある   →筋肉や骨盤のゆがみが原因
  • 安静にしていても痛みが和らがない →内臓疾患が原因
  • 腰痛以外に症状がある         →内臓疾患が原因

いずれの場合も、早めに医師に相談することが大切です。

 

鈍痛が長引く場合や、痛みが強くなった場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。

 

おわりに

腰の痛みは、動くのが億劫になるほどつらいものですよね。

女性の場合は、生理痛によっても腰痛を引き起こすことがあるため、毎回気が重いという方も多いのではないでしょうか?

しかし、「いつもの生理痛でしょう」と思っていて放置していると、思わぬ病気につながることがあります。

いつもと違う、と感じたら、放置せずに早めに医療機関を受診しましょう。

 

大切なのは早期発見・早期治療です。


スポンサードリンク

まみ

まみ

投稿者の記事一覧

横浜出身。小学校給食の管理栄養士として結婚するまで勤務。最近では主婦仲間を集めて料理教室や勉強会を開くことも。安くてバランスのいい食事は家族の笑顔の源。オリジナルレシピも50種以上。主に美容・健康コーナーを担当。
「最近、自然食にハマってます。旦那には健康オタクとして恐れられています^^でも、これも家族を守るママの役目と気にせず今日も五穀米炊いてます。」

関連記事

  1. 人が1日に飲む水の量はどれぐらい必要?飲むタイミングは1日10回…
  2. ぎっくり腰の原因は?ストレスで発症する人が急増中!
  3. 貧血の症状で目がチカチカするのはマズイ病気かも?
  4. いちご鼻の治し方!重曹を使って手軽にツルツルにする方法!
  5. 頬のたるみ解消グッズのオススメはこの3つ!たるみに効く食べ物はコ…
  6. おたふく風邪 大人の初期症状は?合併症が怖いぞあなどるな!
  7. 二の腕を細く!即効で簡単スグ露出!
  8. 咳が止まらないけど熱がないのは何かの病気?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ

ニュース

PAGE TOP