ライフスタイル

塩素ガスを吸うとどんな症状が起きる?体への影響はないの?


家庭でよく使用されている、カビキラーなどのカビとりの漂白剤などには、塩素が含まれていますよね。

また、プールの水や水道水にも、消毒剤として使用されていることが多くあります。

 

お風呂のカビとり掃除をしていて、その独特なにおいに気分が悪くなった・・・という経験ありませんか?

塩素ガスは、吸い込んでしまうと、体に大きな悪影響を及ぼしてしまいます。

 

今回は、そんな塩素ガスを吸ってしまったときの、体への影響症状についてお伝えいたします!

スポンサードリンク

塩素とは?塩素ガスはなぜ発生する?

塩素は、浄水場での細菌増殖の防止、下水道や産業廃棄物の衛星管理などに使われる化学物質です。

飲み込んでしまったり、塩素から発生したガスを吸い込んでしまった場合、体内にある水分に反応し、塩酸、次亜塩素酸という非常に強い毒性を持った化学物質に変化します。

souji_ofuro

大量に体内に入ると、死に至る危険性もある、非常に強い中毒を引き起こしてしまいます。

 

塩素や塩素ガスによる中毒症状を引き起こした例は、非常に多く報告されています。

中毒症状を引き起こす原因としては、塩素を飲み込んでしまったり、塩素ガスを吸入してしまったことによって起こっています。

家庭用の漂白剤や、カビとりハイターなど、「まぜるな危険」と書いてあるものは、ほとんどが塩素です。

 

塩素は、酸性のものと混ざると、有害なガスを発生させます。

塩素ガスは刺激性のある黄緑色の気体で、空気より重いため、発生すると低いところへと流れます。

目、皮膚、気道に対して腐食性があり、低濃度でも鼻や喉、目に刺激を感じ、吸入すると肺水腫を引き起こすことがあります。

塩素系のカビ取り剤と酸性のものが誤って混ざってしまい、塩素ガスが発生した場合は、換気を行い、すぐにその場から離れるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

塩素ガスを吸うと起きる症状とは?その後の体への影響は?

塩素ガスを吸入してしまった場合、どのような症状や、体への影響があるのでしょうか?

kids_pool

■塩素ガスが引き起こす症状

原液などを飲んでしまった場合

軽度の場合は、のどの痛み、吐き気、嘔吐が起こります。

大量に呑み込んでしまった場合は、口腔から食道、胃が腐食性の障害を受けます。

重症化の場合、消化管出血やショック症状、肺水腫等の重い症状が起こります。

 

塩素ガスを吸入してしまった場合

粘膜や呼吸器系への刺激症状が一般的です。

重症の場合は気管支痙攣、肺炎、上気道浮腫が起こります。

 

目に入った場合

飛沫が目に入ってしまった場合、刺激や腐食作用によって、目への刺激感や熱傷、疼痛、流涙、まぶたの腫張などが起こります。

中毒を引き起こしてしまった場合、その後の体に及ぼす影響はさまざまです。

消化器官系に症状が出ている場合には、しかるべき処置を施すことになります。

 

また、飲み込んだり吸収したりした量などによっても、治療方法や回復の早さは変わってきます。

大切なのは、塩素ガスを吸い込んでしまった場合は、必ず速やかに医療機関を受診するようにすることです。

 

手早い治療が、その後の体への影響を軽減してくれます。

 

もし塩素ガスを吸い込んでしまったら?

もし、塩素ガスを吸い込んだり、飲んでしまった場合は、まず医療機関へ連絡し、指示を仰ぎましょう。

norimono_kyukyusya

医療従事者によって、

  • 年齢
  • 体重
  • 現在の体調
  • 飲みこんでしまった製品の種類
  • 飲み込んだ量
  • 飲み込んでからの経過時間

等が効かれますので、なるべく正確に伝えましょう。

 

指示にない限り、
無理に吐き出そうとしたりしないようにしてください。

 

対処法

飲み込んだ場合

吐いたり、けいれんが起きていなければ、すぐに水で口を漱いだ後、水または牛乳を飲みましょう。

 

肌についたり、目に入った場合

患部を流水で15分以上洗い流します。

目の場合は、水の中に目をつけて瞬きをするか、シャワーを目にやさしく当てながら、目を開いて洗います。

 

塩素ガスを吸い込んでしまった場合

できるだけ早くきれいな空気を吸うように移動します。

塩素ガスは空気より重いため、なるべく高い位置で呼吸するようにします。

 

予防法

  • 塩素系の家庭用洗剤は、絶対に他のものと混ぜない
  • 子供の手の届くところに置いておかない
  • 誤って飲んでしまうような容器に移し替えない
  • 密閉された空間で使用しない
  • 塩素系のカビ取り剤を使用する際は、メガネ、手袋、マスクを着用する

塩素の誤飲事故は、子どもに多く、塩素ガスの吸入は、掃除中の主婦などに多く起こっている傾向にあります。

塩素は、危険な中毒を引き起こす化学物質だということをしっかりと理解し、使用や保管には十分な注意を払うように心がけましょう。

 

おわりに

塩素の致死量は700mlだとされています。

間違って飲んだとしても、それだけの量を飲む可能性は低いですが、たとえ少量であっても体への影響は大きく、ましてや体の小さい子供の場合は、大人よりも重症化しやすい傾向にあります。

 

お風呂のカビとりや、まな板の洗浄など、塩素系の家庭用洗剤は、どこの家にも必ずあるといっていいほど普及しています。

それだけに、毎年のように誤飲事故が起こっているのが現状です。

 

使用する際には十分な注意を払い、もし塩素ガスが発生して吸い込んでしまった場合には、速やかに医療機関へ連絡し、適切な指示を仰ぎましょう。


スポンサードリンク

michi

michi

投稿者の記事一覧

群馬出身。歴史好きな祖父の影響で、子供の頃からの歴女。好きな武将はやはり織田信長。趣味は地味だが見た目はハーフとよく聞かれる。そのギャップが面白いと仲間内では評判の1児のママ。主にライフスタイルを担当。
「古き良き日本の風習を我が子にも、しっかり受け継いで欲しいなと思っています。趣味は温泉巡り。子供の手が離れたら女友達とゆっくり巡ってみたいなと思ってます。」

関連記事

  1. 暖かいスリッパ私のおすすめ10種!冷え性対策にぴったり!
  2. お中元の時期やマナー!いつからいつまで?遅れて贈る場合は?
  3. ワイシャツの簡単なアイロンのかけ方はハンガーとスチームアイロンで…
  4. お盆のお供え物 のしの書き方や選び方について
  5. 鯉のぼりはいつからいつまで飾る?関東と関西は時期が違うってホント…
  6. 洗濯物の部屋干しが臭い理由は菌やカビ!消す方法と予防方法
  7. アルバイトとパートの違いって何か知ってる?法律的な区別はあるのか…
  8. 年の瀬の意味や使い方!いつから言う?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ

ニュース

PAGE TOP