子育て

雪合戦の公式ルールを簡単に!人数は何人?


暖冬といわれた今シーズンにも、ようやく雪が降り、都心などでも3年ぶりの大雪となりました。

雪が降ったあと、よく子供たちが遊んでいるのが「雪合戦」ですよね。

 

雪を丸めて雪玉を作って投げ合う、シンプルな遊びです。

でも、この雪合戦は、本気で楽しめるウインタースポーツだってこと、ご存知ですか?

 

国際的な公式ルールもあり、かなりな盛り上がりを見せているのです。

今回は、雪合戦の人数など、公式ルールを簡単にご紹介いたします。

スポンサードリンク

雪合戦とは?

yukigassen

雪合戦は、日本が発祥のウインタースポーツとして、近年注目されて海外などでも盛り上がりを見せています。

それまで子供たちの遊びだったものが、1987年にニュースポーツとしてアレンジされ、1988年に北海道壮瞥町で公式ルールが国際ルールとして制定されました。

 

その後、全国各地で公式ルールに則った大会はもちろん、仮装して参加するなど、独自のルールを設けた大会まで、幅広い年代が楽しめるスポーツとして普及していきました。

 

大会の数や規模が大きくなるたびに競技人口は増えており、今では日本だけで2500以上のチームがあるといわれています。

また、日本だけではなく、フィンランドなどの雪が降る国でも、日本発症のスポーツ「Yukigassenn」として知られています。

 

普通の雪合戦と異なるのは、審判が居て勝敗条件がきちんと定められていることです。

スポーツ雪合戦は、だれでも楽しめる競技であるほか、瞬時の状況判断力と、アクシデントにも動じない精神力、何よりもそれぞれのチームのチームワークが問われる、非常に戦術性の高いスポーツとなっています。

 

スポンサードリンク

 

雪合戦のルールを簡単に紹介!

referee

それでは、雪合戦の公式ルールを見ていきましょう。

【服装】

動きやすく体にフィットした暖かいものがベスト。

シューズはスノートレーニングシューズなどの、ゴム製の滑り止めがついたものを使用します。

スパイクや金属混入の靴、安全靴は使用不可です。

グローブは薄い手袋がベスト。

軍手や素手でもOKです。

その他、大会本部が用意するヘルメットと、ポジションが分かるゼッケンを着用します。

 

【ルール】

2チームに分かれ、敵の陣地に配置されたフラッグを奪取、もしくは敵チームのプレイヤーすべてを雪玉で撃退すると勝利となり、10ポイント獲得します。

制限時間内に条件が満たなかった場合には、残っているプレイヤーを1人1ポイントとして、人数が多いチームが勝利。

残り人数が同じ場合は引き分けとなります。

1セット3分間の3セットマッチで、2セット先取したチームを勝ちとします。

セットポイントが引き分けの場合、試合中のポイントの合算で勝敗を決め、セットポイントも合算ポイントも引き分けの場合は、ビクトリー・スロー(VT)合戦で勝敗を決めます。

 

【コート】
一般

rule_coat01

 

小学生用
rule_coat02

サイドライン40m×エンドライン10mのフィールド内で行われます。

センターのラインを境に、各陣地と分けられ、それぞれの陣地に弾除けのシェルターが3つ、勝利条件となるフラッグを配置、センターライン上にもシェルターが設置されます。

フラッグの後方にはバックラインが引かれ、エンドラインより8m手前にあります。

 

小学生用のコートは、少し小さめのコートになっています。

相手のコートに入れるのは3人までで、4人目が入った時点でアウトになり、セットを失います。

 

【チーム人数と編成】

出場できる選手は7名。

その他監督1名と、補欠選手2名の、計10名編成を1チームとします。

 

ただし、最低7名いれば出場することができます。

プレイヤーはフォワード4名、バックス3名。

 

フォワードは相手に攻撃、隙を見て相手の陣地に攻め入り、バックスはフォワードへの玉の支給や相手の動きを伝えるサポートを行います。

フォワードは自陣のバックラインから後方には下がることはできません。

 

【雪玉】

雪玉の大きさは直径6.5㎝~7㎝、競技専用の雪玉製造機で作られ、世界共通規格として認証されています。

1セットに使用できる球は、試合前に作った90個までです。

ただし、相手チームの投げた球は使用することができます。

 

雪玉はバックラインよりも後方のシェルター後ろに置かれるため、フォワードは直接雪玉を補充することができません。

そのため、バックスがフォワードに、手渡しか転がして球を支給します。

試合中に雪玉を作る、崩れた雪玉を直すことはアウトとなります。

 

【アウト条件】

・コート外、各ポジションで定められた競技範囲内を出るとアウト、コート外にある雪玉をとってもアウトになります。

・ノーバウンドの雪玉に当たるとアウトになります。

 

敵チームからの雪玉はもちろん、味方からの雪玉、味方からの雪玉のパス、一人お手玉もアウトです。

つまり、手から離れてしまった雪玉に最初に触れてしまったらアウト、ワンバウンドや、他の人に当たった玉が跳ね返って当たった場合はセーフです。

・試合中に雪玉を作る、崩れた雪玉を直すのはアウトです。

また、既定サイズから2/3以下になった雪玉を使用したり、ポケットなどに雪玉を入れて、隠し持ったりしていた場合はアウトになります。

 

・相手選手へのタックル、シェルターを飛び越えるなどの危険行為、妨害行為は違反行為とみなしてアウトとなり、該当選手は退場、その後試合には出場できなくなります。

詳しくはこちらの動画を参考にしてみてください。

 

公式戦を見に行こう!会場と日程

スポーツ雪合戦は奥が深く、戦術やコツなどをまとめた雑誌も販売されています。

フォワードの配置や、相手をどう攻めていくかなど、戦略の研究が勝敗を分けます。

 

戦術などが分からない、他のチームのものを見てみたい、という場合は、大会を見に行ってみましょう。

公式戦は日本各地で行われています。
【平成28年の主な雪合戦大会】

・第3回日本雪合戦選手権大会  長野県北安曇郡白馬村北城3609
平成28年 3月5日(土)、6日(日) 9:30~ 白馬ジャンプ競技場特設会場

 

・第28回昭和新山国際雪合戦  北海道有珠群壮瞥町
平成28年 2月20日(土)、21日(日) 9:30~ 昭和新山山麓特設会場

 

昭和新山国際雪合戦は、北海道内外で予選大会も行われています。

見に行きたい、出場したいという方は、大会のHPをチェックしてみてください。

 

その他、You Tubeでも公式試合の動画が紹介されています。

 

こちらは2010年の昭和新山国際雪合戦の決勝の動画です。

合戦というのにも納得の試合に、引き込まれますね。

 

おわりに

雪合戦と言えば、雪玉を投げ合って遊ぶほのぼのとしたイメージがありますよね。

しかし、スポーツ雪合戦は、大人でもガチで楽しむことのできるスポーツです。

年々競技人口は増え、アメリカやカナダ、ニュージーランド、フィンランドなど、世界各地でも行われるようになりました。

 

日本発祥の「雪合戦」。

ぜひ楽しんでみてくださいね。


スポンサードリンク

ウーリグ

ウーリグ

投稿者の記事一覧

名古屋出身。短大卒業後、事務器メーカーのOLとして現在の夫と社内恋愛の末結婚。趣味でブログを書いていたところママホリstaffから声がかかりママライターに。主に子育てコーナーを担当。
「5歳と3歳の娘を持つ専業主婦です。子育てと旦那育てで?毎日奮闘しています^^私の経験がお役に立てれば嬉しいです。」

関連記事

  1. SHELLYが第1子出産!芸能人御用達の病院はこの3つ
  2. 小学生や中学生の最適な睡眠時間は8時間以上が目安
  3. お食い初めはいつ?やり方は?メニューや食べ方の順番、食器などエト…
  4. 七五三の母親の服装!恥ずかしくない3つのポイント!
  5. 子供の手の指の皮がむける原因は病気のサインかも
  6. 楽しい運動会の種目(低学年編)意外な人気種目とは?
  7. 子供の靴のサイズ 年齢別平均サイズ一覧
  8. こどもの日の定番料理 初節句の時は?食べる由来も知りたい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ

ニュース

PAGE TOP