ライフスタイル

まだ間に合う!衣類のカビの落とし方と5つの防止方法


ジメジメした季節、洗濯しようと思って放置していた衣類に、いつの間にか黒いぽつぽつができていたりすること、ありませんか?

実はその黒いぽつぽつの正体は「カビ」なんです!

やっかいなのは、普通に洗濯しても落ちないというところ。

 

では、衣類にできたカビを落とすには、どのような落とし方をすればいいのでしょうか?

 

衣類にカビがついた時の落とし方と防止方法をお伝えいたします。

スポンサードリンク

どうしてカビが?!衣類のカビ防止方法とは?

衣類にカビができてしまう原因は、さまざまなことがあります。

  • 湿った、汚れたまま放置してしまう。
  • 衣類が乾ききらないまましまってしまう。
  • クローゼットや箪笥自体が湿っている。
  • 洗濯機がカビていて、カビが移ってしまう。

衣類がカビてしまう一番の敵は「湿気」

衣類をカビから守るためには、この湿気を取り除いてあげなければなりません。

 

カビを予防するためには、以下の点を守りましょう。

kin_kabi

衣類のカビを防止する5つのポイント

1.濡れたまま、湿ったままクローゼットにしまわない。

これをすると、クローゼット自体が湿っぽくなってしまい、乾いていた衣類にまでカビが発生してしまう原因になります。

 

2.クローゼットやタンスを除湿する

クローゼットには除湿剤を置いておく、箪笥には一番下に新聞紙をひいておくと、簡単に除湿をすることができます。

湿気の多くなる夏場は、丸めた新聞紙を多めにおいておくだけでも効果があります。

 

3.部屋干しでも完全に乾くまで干す

部屋干しの衣類は、一見乾いているように思えますが、天日干しの場合と比べて、まだ多くの水分を含んでいます。

扇風機の風邪をあてるなどして、しっかりと乾かしてあげましょう。

 

4.濡れたり、汚れたりした衣類を、洗濯かごに放置しない

濡れたり汚れたりした衣類を洗濯するまで放置していると、あっという間にカビが発生してしまいます。

一番はすぐに洗濯するのがいいのですが、忙しくてすぐに場合もありますよね。

そういった場合は、洗濯かごにはいれず、風通しのいい場所に干しておき、後で洗濯するようにしましょう。

 

5.洗濯層のカビを取り除く

洗濯層にカビが発生したまま洗濯をしていると、カビの菌が衣類に移り、カビを発生させやすくしてしまいます。

洗濯層用のカビとりハイターなどで、定期的にカビとりをするようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

まだ間に合う!衣類のカビの落とし方とは?

では、
カビを予防していても衣類にカビができてしまった場合は、どのように落とせばいいのでしょうか?

衣類のカビを落とすには、次のものが必要です。

 

  • 酵素系、または塩素系漂白剤
  • 重曹

 

この二つを使えば、まず落とせるでしょう。

sentaku_senzai

カビの落とし方

  1. まず、衣類の汚れを落とすために洗濯します。
  2. 40度~50度のお湯をたらいなどに溜め、1Lに対して10gの漂白剤を入れます。
  3. お湯が冷めるまでつけ置きします。
  4. ゴム手袋をつけて、そのまま水の中でもみ洗いします。
  5. カビが落ちるまで1~4を繰り返し、落ちたら普通に洗濯をし、干して乾かします。

 

これでもカビが落ちない場合は、重曹を加えます。

重曹の量は、漂白剤と1:1の割合で入れます。

重曹を入れると、より強力にカビを落としてくれます。

 

しかし、強力に落としてくれるということは、それだけ衣類を傷めることにもなりますので注意が必要です。

 

また、塩素系漂白剤は、白いもの以外には使用しないでください。

色落ちや、穴が開いてしまったり、取り返しのつかなくなる場合があります。

 

色柄物にはワイドハイターなどの酵素系漂白剤を使用しましょう。

 

どちらも直接手で触れると肌を痛めてしまうため、
揉み洗いする際には、必ずゴム手袋を使用しましょう。

 

もしこの方法でカビがどうしても落ちなかった場合には、プロに頼みましょう。

 

クリーニングに出すという方法も、カビを落とすための手段です。

 

おわりに

衣類に生えてしまったカビは、見ていて気分のいいものではありません。

特に夏場のジメジメした時期は、ちょっと油断するとすぐカビが生えてしまいます。

 

それがお気に入りの服であればあるほど、そのガッカリ感は大きいですよね。

衣類をカビから守るためには、しっかりと予防することが大切です。

 

そして、万が一カビが生えてしまったときは、しっかりと落としてあげましょう。


スポンサードリンク

michi

michi

投稿者の記事一覧

群馬出身。歴史好きな祖父の影響で、子供の頃からの歴女。好きな武将はやはり織田信長。趣味は地味だが見た目はハーフとよく聞かれる。そのギャップが面白いと仲間内では評判の1児のママ。主にライフスタイルを担当。
「古き良き日本の風習を我が子にも、しっかり受け継いで欲しいなと思っています。趣味は温泉巡り。子供の手が離れたら女友達とゆっくり巡ってみたいなと思ってます。」

関連記事

  1. 小さい茶色い蟻の退治方法!家に入ってくる原因は何?
  2. 赤い羽根共同募金の赤い羽根って何の羽?募金の使い道ってなんだろう…
  3. アルバイトとパートの違いって何か知ってる?法律的な区別はあるのか…
  4. お彼岸2016 お墓参りの服装や時間のマナーを知っておこう!
  5. パートの社会保険加入条件が変わる!2016年の改正点と106万円…
  6. 塩素ガスを吸うとどんな症状が起きる?体への影響はないの?
  7. 2016残暑見舞いの時期はいつからいつまで?例文も参考に!
  8. 健康保険の扶養に入る条件や収入はいくら?103万円の壁、130万…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ

ニュース

PAGE TOP